カテゴリー
クレジットカードを知る

クレジットカード現金化の返済で過払い金はあるの?過払い金の請求はできるのか?

クレジットカードの現金化をしたことによって過払い金が発生するのかと言うとそれは絶対にありえないことになります。

クレジットカード現金化の返済で過払い金があり得ない理由

まずその一つとして、クレジットカード会社自体が現金化という行為に関して認めているということではないからです。

カード利用者が勝手にそのクレジット枠ではなくキャッシング枠を現金にするために様々な行為をするというのが現金化という行為なのです。

あくまでクレジットカード会社としてはきちんと法律に定められた利率で利用させてくれています。

例えばショッピング枠100万円を現金化する時に80万円分の現金にできたとしても、支払いの残りは100万円ということになります。

これは別にクレジットカード会社自体が何かをしたというわけではないのでカード利用者がきちんとその金額を支払う義務があります。

利息制限法に引っかかるようなことでもないです。

ですから過払い金というのはそもそも発生するというものではなく、お金を借りていたというのではないのです。

あくまでショッピング枠の利用でその返済が求められているというだけになります。

現金を借りて利息を支払いつつ返済をしているというわけではないのをよく理解しておきましょう。

カード会社は関与していない

クレジットカードの現金化という言葉はよく聞かれることではありますが、あくまでそれに対しているクレジットカード会社がダイレクトに関与しているということは絶対にありえないです。

クレジットカード会社自体が現金化するということを認めているわけでもないので、そこで過払い金、所謂利息制限法を超えて支払ってしまった利息分、グレーゾーン金利で支払ってしまっていた利息分というのが発生することは絶対にありえないと断言できるわけです。

過払い金の請求はできるのか?という問いに対しても答えますね。

そもそもクレジットカードのショッピング枠を使った後の返済にグレーゾーン金利が適用されることはほぼないと言い切れます。

一昔前であれば出資法のほうの金利を用いていたクレジットカード会社があったのかもしれません。

現在ではグレーゾーン金利は明確になってキャッシング業者はもちろん、カード会社などもそれは避けているのは当たり前になっているからです。

カテゴリー
クレジットカードを知る

クレジットカード現金化で強制解約される危険性と回避方法を解説

買い物等で便利に利用出来るクレジットカードは、社会人になった多くの人がその利便性の良さから持つ様になっております。

クレジットカードの利用は、商品の購入代金の支払いだけでは無く、現金を手にする目的で商品を購入する人も増加しております。

しかし、多くのクレジットカード会社では、このクレジットカードを使用した現金化が認められておらず、場合によってはクレジットカードの利用停止や、契約解除等の処置が行われ、クレジットカードその物の利用が出来なくなるケースも多く見られます。

そこで、クレジットカードの現金化の危険性や、強制的な契約解除を避ける現金化の方法について調べて見ましょう。

クレジットカード現金化に伴う危険性を理解する

クレジットカードの契約の多くは、ショッピング枠とキャッシング枠が設定され、それぞれの枠の範囲内で利用する事が出来ます。

キャッシング枠は一時的に現金が必要な場合、お金を借りる事が出来ますが、一方のショッピング枠は商品の買い物に利用出来る物です。

その為、クレジットカード会社との契約では、現金化を目的とした商品の購入は利用規約違反となります。

その為、クレジットカード会社に現金化がバレてしまう事で、カードの利用停止は勿論、強制的な契約解除の対象となってしまいます。

強制的な契約解除になってしまうと、日頃の買い物等に便利に利用出来るクレジットカードが使えなくなるだけでは無いのです。

ショッピング枠で買い物をした支払い残高の一括支払い請求が行われると共に、将来に渡ってクレジットカードの契約が出来なくなる等の大きなリスクを負う事になってしまいます。

クレジットカード現金化による危険回避の方法

クレジットカードのショッピング枠を現金化による強制的契約解除等を回避するには、いくつかの方法があるのでしっかり理解しておく事が必要です。

先ず、キャッシュバック方式の現金化業者を利用しない事です。

特に海外の端末で決済が行われるクレジットカードの場合、多くのンブランド商品等の購入が現金化を目的として購入で有ると判断し、強制的な契約解除が行われてしまう可能性が有る為です。

次に、銀行が発行するクレジットカードは現金化に使用しない事です。

これは、銀行が発行するクレジットカード番号によっては、海外決済を行う際に転売目的の高額購入で有る事がバレてしまう可能性が高くなってしまいます。

又、クレジットカードのショッピング枠の現金化をする場合は、現金化に詳しい専門業者を利用する事が望ましく、クレジットカードの強制的契約解除を防ぐ事が出来ると言えます。

カテゴリー
破産を知る

クレジットカード現金化をしても任意整理はできる!カード会社に応じてもらう流れ

急な出費で困った時の解決策として、クレジットカード現金化があります。

スマホやパソコンから簡単に申し込め、当日中には現金を入手できます。

その後はクレジットカード会社に購入代金を返済していくことになり、業者との関わりはなくなります。

一方で、債務整理の際に不利になるデメリットもあります。他のカードローンを利用した上で現金化する場合には、注意が必要です。

任意整理で知っておくべき現金化がグレーゾーンの理由

クレジットカード現金化の仕組みは、業者の指定した商品をショッピング枠で購入します。

これを業者に買い取ってもらうことで、現金を手に入れます。借金ではないので審査もなく、誰でも手軽に利用できるメリットがあります。

しかし、商品を現金に換金する際に、業者に一定の手数料を払わなければいけません。

この金額が消費者金融の利息と変わらないぐらいで、実質的な貸金業ではないかと問題になっています。

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、グレーゾーンとして捉えられています。

現金化の他にもカードローンを利用していることも多く、場合によっては返済不能になることがあります。

最後の手段として、任意整理を含めた債務整理があります。

しかし、カードローン会社は規約で現金化を禁止していることが多く、債務整理は認められにくいです。

任意整理の進め方

ギャンブルなどの浪費が原因でも、任意整理は認められます。

任意整理を行うと、それ以降の利息は発生しませんし、返済期間も都合に合わせたものに延長されます。

借金問題で行き場がなくなった時の、最後の手段といっても良いです。

任意整理はローン会社との和解で成立しますが、現金化の事実があると話し合いは難しくなります。これは規約で禁止されていることと、現金化がグレーゾーンということが原因です。

任意整理自体はローン会社との話し合いですので、個人でも十分に行なえます。しかし、現金化の事実がある場合には、専門家である弁護士に依頼した方が賢明です。

素人では納得できる弁解もできず、かえって印象を悪くさせる可能性もあります。費用はかかってしまいますが、弁護士に和解を依頼すれば任意整理できる可能性は高まります。

カテゴリー
破産を知る

クレジットカード現金化をすると債務整理できないのか?債権を整理する方法とは?

クレジットカードは、手元に現金が無くても買物等が出来る為、社会人になった多くの人が利用しております。

一方、クレジットカードで購入した商品の現金化は、手軽に現金を手にする事が出来る反面、債務の返済が出来なくなってしまうケースも増えております。

そこで、クレジットカードの現金化による債務整理については、事前にしっかり理解しておく事が必要です。

クレジットカードの現金化で債務整理が出来ない理由

急な出費や現金が必要な場合、銀行や消費者金融等からキャッシングを受ける方法が有りますが、クレジットカードのショッピング枠を使用した現金化と呼ばれる方法も有ります。

これは、クレジットカードのショッピング枠の範囲で商品を購入し、その商品を専門業者等に転売する事で現金を手に出来る方法で、手元に現金が必要な方が利用する方法です。

しかし、クレジットカードのショッピング枠を使用した現金化は、クレジットカード会社との契約の中で認められていない場合が多く、現金化をする為に商品を購入した債務返済が不可能になってしまった場合、その債務を免責等で整理する事は出来ません。

これは、破産法と呼ばれる法律の中でクレジットカードで購入した商品の転売を厳しく制限する規定が有る為で、クレジットカードの利用で発生した債務が返済不可能になった場合は、裁判所から免責の判決が出されなくなります。

またクレジットカードを使った現金化が常態化していたり、返済の目途が立たないにも関わらず繰り返し利用している場合にも、悪質な利用と判断され免責を受ける事が出来ません。

クレジットカードの現金化でも債務整理を行う方法

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化は、基本的に債務整理が出来ませんが、過去に自己破産が無い場合や、契約者の反省の深さや悪意の有無が確認出来た場合に限り、例外として免責が許可される場合が有ります。

その場合の債務整理の方法としては、任意整理、個人再生、自己破産の3つの方法が取られます。任意整理は、債務に発生する利息を全てカットし債務の元本のみを返済していく方法です。

基本的に債務者から依頼を受けた弁護士が、クレジットカード会社との交渉を進めますが、返済額が多い場合は利息のカットだけでは無く、支払回数の引き延ばし交渉等を行い最長5年で完済を進めて行く方法となります。

次に個人再生は、個人向けの民事再生の処置を行う物で、クレジットカード会社に対する債務だけでは無く、他の銀行や消費者金融等からの債務全てを対象とします。

また、この個人再生の手続きを行う場合は、クレジットカード会社等の債権者の合意を得る事が必要となります。

さらに、債務整理の最終手段とも言えるのが自己破産です。自己破産は、クレジットカード会社等の全ての債務を全てゼロにする方法です。

全てをゼロにする代わりに官報に名前や住所等の個人情報が登録され、最大10年間はクレジットカードの契約は勿論、金融機関からの借り入れの制限等を受ける事になります。

これらの方法でクレジットカード現金化の債務を整理する事が可能ですが、債務整理には大きなリスクが有る事もしっかり理解しておく事が重要となります。

カテゴリー
破産を知る

クレジットカード現金化を利用しても個人再生はできる?小規模個人再生の仕組みを調査

一般的にクレジットカード現金化による個人再生は不可と言われています。

そのため、クレジットカード現金化を利用したいと思っても、踏みとどまってしまう人も多いのではないでしょうか。

クレジットカード現金化しても個人再生は可能か?

調査したところ、クレジットカード現金化による個人再生の可能性は0ではありません。

事実、可能性は低いものの、クレジットカード現金化による個人再生が可能となる人がいます。

ここでは詳しくて見ていきましょう!

個人再生とは?

個人再生とは、借金の減額が可能となり、減額後の借金を原則3年で完済するというものとなります。

これを利用するためには裁判所への申し立てが必要となり、減額後の借金に延滞がなく3年で払いきることができれば、減額した分の借金は免除となる債務整理です。

自己破産とは異なり、個人再生の場合は、財産を処分することなく行うことが可能です。

そして、そんな個人再生には、「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」の2種類あります。

裁判所のWEBページで小規模個人再生と給与所得者再生の違いをチェック。

約9割の人が利用している小規模個人再生

小規模個人再生の利用条件は継続的な収入がある人を前提とし、負債額が5000万円以下となります。

これは、給与所得者等再生と同じですが、可否の条件において、給与所得者等再生は不要となる一方、小規模個人再生の場合は過半数の積極的同意が必要です。

返済金額は、最低弁済額と清算価値で最も多い金額となります。

このことから、もし、多くの債務者が反対されることが考えられ場合、小規模個人再生の利用は難しくなり、給与所得者等再生の選択が必要となります。

個人再生が可能な理由

債務整理=自己破産の方法しかないと思われている人も多く、その結果、クレジットカード現金化による個人再生も不可と勘違いされやすくなっています。

実際、債務整理は、自己破産だけではなく、個人再生なども含まれ、この個人再生の場合、「免責不許可事由」の有無を問われることはありません。

その結果、クレジットカード現金化による個人再生が可能となります。

もちろん、クレジットカード現金化による個人再生を利用する場合、クレジットカード現金化を行っていないことがバレないことが前提です。

そのため、利用する際は、バレずに利用可能なクレジットカード現金化サイトを活用することをおすすめします。

カテゴリー
破産を知る

クレジットカード現金化で自己破産できないのは本当か?どうすれば破産申請できる?

クレジットカード現金化をしてしまうと、自己破産できないという話をよく聞きます。

果たして本当なのでしょうか?

クレカ現金化をすると破産法上は自己破産できない

そもそも自己破産は、破産法という法律に基づいて行われます。

この法律には、免責不許可事由という制限が付けられているのですが、クレジットカード現金化はそれに該当してしまうため、この法律を字義通りに解釈すれば、自己破産は出来ないことになります。

ちなみに他の免責不許可事由には、賭博や浪費で作った借金なども含まれています。

つまり、裁判所の側から見て、免責するだけの正当性のある借金でなければ、自己破産することは出来ないわけです。

クレカ現金化でも借金に正当性があれば自己破産の可能性は残る

お金がないから借金をするのは、借金をする正当な理由です。

クレカ現金化は、グレーゾーンの行為ではありますが、犯罪ではありません。

お金が必要だから、クレカ現金化を利用したわけですから、お金を調達するために用いた、ひとつの手段と言えなくはないのです。

法律上クレカ現金化は、免責不許可事由と規定されていますが、法律を運用する裁判官が、必要な借金のための手段であったと認めてくれれば、免責不許可から外される可能性が出て来ます。

要するに、クレジットカード現金化をしていても、自己破産できるということです。

クレカ現金化で自己破産するには隠さないこと

裁判所に破産の申し立てをすると、破産申立人は裁判官から、質疑を受けるのですがこの際、クレカ現金化の有無を問われ、「いいえ」と答えれば、クレカ現金化はしていないことになります。

つまり騙せるのです。

裁判所を騙せばもちろん良くないことですが、騙すことが最も簡単な方法といえるかもしれません。

なぜなら、裁判所はカード会社から異議申し立てを受けない限り、クレカ現金化を精査することをしないからです。

しかし、ここまですれば邪道を通り越して、犯罪になります。

そこでお勧めしたいのが、自分から素直に話すことです。

お金を借りる手段として、クレカ現金化を用いたと正直に話せば、裁判官が事情を汲んで自己破産を認めてくれる可能性は、十分にあります。