カテゴリー
破産を知る

クレジットカード現金化をしても任意整理はできる!カード会社に応じてもらう流れ

急な出費で困った時の解決策として、クレジットカード現金化があります。

スマホやパソコンから簡単に申し込め、当日中には現金を入手できます。

その後はクレジットカード会社に購入代金を返済していくことになり、業者との関わりはなくなります。

一方で、債務整理の際に不利になるデメリットもあります。他のカードローンを利用した上で現金化する場合には、注意が必要です。

任意整理で知っておくべき現金化がグレーゾーンの理由

クレジットカード現金化の仕組みは、業者の指定した商品をショッピング枠で購入します。

これを業者に買い取ってもらうことで、現金を手に入れます。借金ではないので審査もなく、誰でも手軽に利用できるメリットがあります。

しかし、商品を現金に換金する際に、業者に一定の手数料を払わなければいけません。

この金額が消費者金融の利息と変わらないぐらいで、実質的な貸金業ではないかと問題になっています。

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、グレーゾーンとして捉えられています。

現金化の他にもカードローンを利用していることも多く、場合によっては返済不能になることがあります。

最後の手段として、任意整理を含めた債務整理があります。

しかし、カードローン会社は規約で現金化を禁止していることが多く、債務整理は認められにくいです。

任意整理の進め方

ギャンブルなどの浪費が原因でも、任意整理は認められます。

任意整理を行うと、それ以降の利息は発生しませんし、返済期間も都合に合わせたものに延長されます。

借金問題で行き場がなくなった時の、最後の手段といっても良いです。

任意整理はローン会社との和解で成立しますが、現金化の事実があると話し合いは難しくなります。これは規約で禁止されていることと、現金化がグレーゾーンということが原因です。

任意整理自体はローン会社との話し合いですので、個人でも十分に行なえます。しかし、現金化の事実がある場合には、専門家である弁護士に依頼した方が賢明です。

素人では納得できる弁解もできず、かえって印象を悪くさせる可能性もあります。費用はかかってしまいますが、弁護士に和解を依頼すれば任意整理できる可能性は高まります。