カテゴリー
クレジットカードを知る

クレジットカード現金化の返済で過払い金はあるの?過払い金の請求はできるのか?

クレジットカードの現金化をしたことによって過払い金が発生するのかと言うとそれは絶対にありえないことになります。

クレジットカード現金化の返済で過払い金があり得ない理由

まずその一つとして、クレジットカード会社自体が現金化という行為に関して認めているということではないからです。

カード利用者が勝手にそのクレジット枠ではなくキャッシング枠を現金にするために様々な行為をするというのが現金化という行為なのです。

あくまでクレジットカード会社としてはきちんと法律に定められた利率で利用させてくれています。

例えばショッピング枠100万円を現金化する時に80万円分の現金にできたとしても、支払いの残りは100万円ということになります。

これは別にクレジットカード会社自体が何かをしたというわけではないのでカード利用者がきちんとその金額を支払う義務があります。

利息制限法に引っかかるようなことでもないです。

ですから過払い金というのはそもそも発生するというものではなく、お金を借りていたというのではないのです。

あくまでショッピング枠の利用でその返済が求められているというだけになります。

現金を借りて利息を支払いつつ返済をしているというわけではないのをよく理解しておきましょう。

カード会社は関与していない

クレジットカードの現金化という言葉はよく聞かれることではありますが、あくまでそれに対しているクレジットカード会社がダイレクトに関与しているということは絶対にありえないです。

クレジットカード会社自体が現金化するということを認めているわけでもないので、そこで過払い金、所謂利息制限法を超えて支払ってしまった利息分、グレーゾーン金利で支払ってしまっていた利息分というのが発生することは絶対にありえないと断言できるわけです。

過払い金の請求はできるのか?という問いに対しても答えますね。

そもそもクレジットカードのショッピング枠を使った後の返済にグレーゾーン金利が適用されることはほぼないと言い切れます。

一昔前であれば出資法のほうの金利を用いていたクレジットカード会社があったのかもしれません。

現在ではグレーゾーン金利は明確になってキャッシング業者はもちろん、カード会社などもそれは避けているのは当たり前になっているからです。