カテゴリー
クレジットカードを知る

クレジットカード現金化で強制解約される危険性と回避方法を解説

買い物等で便利に利用出来るクレジットカードは、社会人になった多くの人がその利便性の良さから持つ様になっております。

クレジットカードの利用は、商品の購入代金の支払いだけでは無く、現金を手にする目的で商品を購入する人も増加しております。

しかし、多くのクレジットカード会社では、このクレジットカードを使用した現金化が認められておらず、場合によってはクレジットカードの利用停止や、契約解除等の処置が行われ、クレジットカードその物の利用が出来なくなるケースも多く見られます。

そこで、クレジットカードの現金化の危険性や、強制的な契約解除を避ける現金化の方法について調べて見ましょう。

クレジットカード現金化に伴う危険性を理解する

クレジットカードの契約の多くは、ショッピング枠とキャッシング枠が設定され、それぞれの枠の範囲内で利用する事が出来ます。

キャッシング枠は一時的に現金が必要な場合、お金を借りる事が出来ますが、一方のショッピング枠は商品の買い物に利用出来る物です。

その為、クレジットカード会社との契約では、現金化を目的とした商品の購入は利用規約違反となります。

その為、クレジットカード会社に現金化がバレてしまう事で、カードの利用停止は勿論、強制的な契約解除の対象となってしまいます。

強制的な契約解除になってしまうと、日頃の買い物等に便利に利用出来るクレジットカードが使えなくなるだけでは無いのです。

ショッピング枠で買い物をした支払い残高の一括支払い請求が行われると共に、将来に渡ってクレジットカードの契約が出来なくなる等の大きなリスクを負う事になってしまいます。

クレジットカード現金化による危険回避の方法

クレジットカードのショッピング枠を現金化による強制的契約解除等を回避するには、いくつかの方法があるのでしっかり理解しておく事が必要です。

先ず、キャッシュバック方式の現金化業者を利用しない事です。

特に海外の端末で決済が行われるクレジットカードの場合、多くのンブランド商品等の購入が現金化を目的として購入で有ると判断し、強制的な契約解除が行われてしまう可能性が有る為です。

次に、銀行が発行するクレジットカードは現金化に使用しない事です。

これは、銀行が発行するクレジットカード番号によっては、海外決済を行う際に転売目的の高額購入で有る事がバレてしまう可能性が高くなってしまいます。

又、クレジットカードのショッピング枠の現金化をする場合は、現金化に詳しい専門業者を利用する事が望ましく、クレジットカードの強制的契約解除を防ぐ事が出来ると言えます。