カテゴリー
破産を知る

クレジットカード現金化をすると債務整理できないのか?債権を整理する方法とは?

クレジットカードは、手元に現金が無くても買物等が出来る為、社会人になった多くの人が利用しております。

一方、クレジットカードで購入した商品の現金化は、手軽に現金を手にする事が出来る反面、債務の返済が出来なくなってしまうケースも増えております。

そこで、クレジットカードの現金化による債務整理については、事前にしっかり理解しておく事が必要です。

クレジットカードの現金化で債務整理が出来ない理由

急な出費や現金が必要な場合、銀行や消費者金融等からキャッシングを受ける方法が有りますが、クレジットカードのショッピング枠を使用した現金化と呼ばれる方法も有ります。

これは、クレジットカードのショッピング枠の範囲で商品を購入し、その商品を専門業者等に転売する事で現金を手に出来る方法で、手元に現金が必要な方が利用する方法です。

しかし、クレジットカードのショッピング枠を使用した現金化は、クレジットカード会社との契約の中で認められていない場合が多く、現金化をする為に商品を購入した債務返済が不可能になってしまった場合、その債務を免責等で整理する事は出来ません。

これは、破産法と呼ばれる法律の中でクレジットカードで購入した商品の転売を厳しく制限する規定が有る為で、クレジットカードの利用で発生した債務が返済不可能になった場合は、裁判所から免責の判決が出されなくなります。

またクレジットカードを使った現金化が常態化していたり、返済の目途が立たないにも関わらず繰り返し利用している場合にも、悪質な利用と判断され免責を受ける事が出来ません。

クレジットカードの現金化でも債務整理を行う方法

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化は、基本的に債務整理が出来ませんが、過去に自己破産が無い場合や、契約者の反省の深さや悪意の有無が確認出来た場合に限り、例外として免責が許可される場合が有ります。

その場合の債務整理の方法としては、任意整理、個人再生、自己破産の3つの方法が取られます。任意整理は、債務に発生する利息を全てカットし債務の元本のみを返済していく方法です。

基本的に債務者から依頼を受けた弁護士が、クレジットカード会社との交渉を進めますが、返済額が多い場合は利息のカットだけでは無く、支払回数の引き延ばし交渉等を行い最長5年で完済を進めて行く方法となります。

次に個人再生は、個人向けの民事再生の処置を行う物で、クレジットカード会社に対する債務だけでは無く、他の銀行や消費者金融等からの債務全てを対象とします。

また、この個人再生の手続きを行う場合は、クレジットカード会社等の債権者の合意を得る事が必要となります。

さらに、債務整理の最終手段とも言えるのが自己破産です。自己破産は、クレジットカード会社等の全ての債務を全てゼロにする方法です。

全てをゼロにする代わりに官報に名前や住所等の個人情報が登録され、最大10年間はクレジットカードの契約は勿論、金融機関からの借り入れの制限等を受ける事になります。

これらの方法でクレジットカード現金化の債務を整理する事が可能ですが、債務整理には大きなリスクが有る事もしっかり理解しておく事が重要となります。