カテゴリー
破産を知る

クレジットカード現金化を利用しても個人再生はできる?小規模個人再生の仕組みを調査

一般的にクレジットカード現金化による個人再生は不可と言われています。

そのため、クレジットカード現金化を利用したいと思っても、踏みとどまってしまう人も多いのではないでしょうか。

クレジットカード現金化しても個人再生は可能か?

調査したところ、クレジットカード現金化による個人再生の可能性は0ではありません。

事実、可能性は低いものの、クレジットカード現金化による個人再生が可能となる人がいます。

ここでは詳しくて見ていきましょう!

個人再生とは?

個人再生とは、借金の減額が可能となり、減額後の借金を原則3年で完済するというものとなります。

これを利用するためには裁判所への申し立てが必要となり、減額後の借金に延滞がなく3年で払いきることができれば、減額した分の借金は免除となる債務整理です。

自己破産とは異なり、個人再生の場合は、財産を処分することなく行うことが可能です。

そして、そんな個人再生には、「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」の2種類あります。

裁判所のWEBページで小規模個人再生と給与所得者再生の違いをチェック。

約9割の人が利用している小規模個人再生

小規模個人再生の利用条件は継続的な収入がある人を前提とし、負債額が5000万円以下となります。

これは、給与所得者等再生と同じですが、可否の条件において、給与所得者等再生は不要となる一方、小規模個人再生の場合は過半数の積極的同意が必要です。

返済金額は、最低弁済額と清算価値で最も多い金額となります。

このことから、もし、多くの債務者が反対されることが考えられ場合、小規模個人再生の利用は難しくなり、給与所得者等再生の選択が必要となります。

個人再生が可能な理由

債務整理=自己破産の方法しかないと思われている人も多く、その結果、クレジットカード現金化による個人再生も不可と勘違いされやすくなっています。

実際、債務整理は、自己破産だけではなく、個人再生なども含まれ、この個人再生の場合、「免責不許可事由」の有無を問われることはありません。

その結果、クレジットカード現金化による個人再生が可能となります。

もちろん、クレジットカード現金化による個人再生を利用する場合、クレジットカード現金化を行っていないことがバレないことが前提です。

そのため、利用する際は、バレずに利用可能なクレジットカード現金化サイトを活用することをおすすめします。