カテゴリー
破産を知る

クレジットカード現金化で自己破産できないのは本当か?どうすれば破産申請できる?

クレジットカード現金化をしてしまうと、自己破産できないという話をよく聞きます。

果たして本当なのでしょうか?

クレカ現金化をすると破産法上は自己破産できない

そもそも自己破産は、破産法という法律に基づいて行われます。

この法律には、免責不許可事由という制限が付けられているのですが、クレジットカード現金化はそれに該当してしまうため、この法律を字義通りに解釈すれば、自己破産は出来ないことになります。

ちなみに他の免責不許可事由には、賭博や浪費で作った借金なども含まれています。

つまり、裁判所の側から見て、免責するだけの正当性のある借金でなければ、自己破産することは出来ないわけです。

クレカ現金化でも借金に正当性があれば自己破産の可能性は残る

お金がないから借金をするのは、借金をする正当な理由です。

クレカ現金化は、グレーゾーンの行為ではありますが、犯罪ではありません。

お金が必要だから、クレカ現金化を利用したわけですから、お金を調達するために用いた、ひとつの手段と言えなくはないのです。

法律上クレカ現金化は、免責不許可事由と規定されていますが、法律を運用する裁判官が、必要な借金のための手段であったと認めてくれれば、免責不許可から外される可能性が出て来ます。

要するに、クレジットカード現金化をしていても、自己破産できるということです。

クレカ現金化で自己破産するには隠さないこと

裁判所に破産の申し立てをすると、破産申立人は裁判官から、質疑を受けるのですがこの際、クレカ現金化の有無を問われ、「いいえ」と答えれば、クレカ現金化はしていないことになります。

つまり騙せるのです。

裁判所を騙せばもちろん良くないことですが、騙すことが最も簡単な方法といえるかもしれません。

なぜなら、裁判所はカード会社から異議申し立てを受けない限り、クレカ現金化を精査することをしないからです。

しかし、ここまですれば邪道を通り越して、犯罪になります。

そこでお勧めしたいのが、自分から素直に話すことです。

お金を借りる手段として、クレカ現金化を用いたと正直に話せば、裁判官が事情を汲んで自己破産を認めてくれる可能性は、十分にあります。